糖尿病 症状 足が痛い

糖尿病になると、足のむくみ、足が痛い、足の無感覚症状など

足に違和感を感じる事が多くなりますが、

それは、糖尿病性神経障害の症状かもしれません。

糖尿病の足の症状を説明する女性医師

糖尿病になり高血糖が続くと、血液が異常な状態となり、

血管が傷つき始め、様々な合併症を引き起こすのですが、

その一つが、糖尿病性神経障害です。


スポンサーリンク


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


足が痛い(疼痛=とうつう)というのは、

代表的な糖尿病性神経障害の症状
ですが、

足が痛いのを放置すると、痛みはどんどん増していき長期間継続していきます。

そしてある日、足が痛いのが突然消えていくのですが、


これは、重度の糖尿病性神経障害へ移行した可能性も示唆しており、

傷みは消えたかもしれませんが、

もっと恐ろしい症状があなたを襲うかもしれません。


重度の糖尿病性神経障害になると、

足が痛い症状から足の感覚が徐々に薄れ

靴ずれに気が付かない、こたつの熱過ぎに気が付かない、

小さい傷に気が付かないで、放置するようになります。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


すると、その傷口から細菌が入り、炎症そして化膿し

最悪の終着点「壊疽」となってしまう可能性があるのです。



壊疽とは、人間の体が腐る状態を言いますが、、

腐った部分を延長させないためには、

その部分で切断せざる負えなくなります。


つまり、重度の糖尿病性神経障害でよく見られる、

足の切断という手術を行う事になるのです。


糖尿病性腎症も人口透析という最悪な治療を受けないといけなくなりますが、

足の切断もかなり厳しい今後の生活が予想出来てしまします。


糖尿病性神経障害からくる

足が痛い、壊疽といった足の症状を無くすには、

血糖値を下げるしか方法はありません。



今は大した症状でもないし、大丈夫だろうと思うかもしれませんが、

神経障害が悪化してしまうと、治る可能性は無くなります。


足が痛い症状が起きてるなら、それは最終警告と考えて、

糖尿病の治療を一日も早く、真剣に始める事をお勧めします。


スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ