糖尿病 症状 目

糖尿病の症状は、目にも出る事がありますが、

次のような症状が目に出たら、

糖尿病が進行してる可能性がありますので注意が必要です。

糖尿病の症状には、目のかすみや視力低下があると説明する女性医師

糖尿病かもしれない目の症状

  • 目のかすみ
  • 蚊や黒いカーテンが見える
  • 突然の視力低下

スポンサーリンク


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


目のかすみ

目のかすみは、40代以上の方なら、

糖尿病でなくても普通に出る症状ですが、

糖尿病性網膜症の初期症状と言われています。


一度でも血糖値が高いと診断された事がある方は、

目のかすみが、糖尿病の症状ではないかチェックする事をお勧めします。


蚊や黒いカーテンが見える

糖尿病の症状「目のかすみ」が進行すると、

目の前を蚊が飛んで見えたり(飛蚊症)、

目の前を黒いカーテンが覆うような症状が出る事があります。


この様な症状が出てくると、

糖尿病性網膜症がかなり進行していて、

非常に危険な状態と言えます。


この症状が出て初めて病院を訪れる方が多いのですが、

糖尿病の治療もかなり難航してしまいます。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


突然の視力低下

視力低下が起きてから、糖尿病の治療を始めても、

糖尿病性網膜症の進行を止めるのはかなり難しくなります。


もしも糖尿病が改善しないと、網膜剥離となり、

最悪の場合は失明してしまいます。


糖尿病の症状が目に出たら・・

「目のかすみ」の症状が出た段階で、

糖尿病のチェックをした方は、最悪のシナリオは回避出来ると思いますが、

健康診断などで「血糖値が高い」と診断されたにもかかわらず、

症状が無い事を理由に、全く対処しなかった場合は、

重度の糖尿病となり、

糖尿病性網膜症になる可能性が高くなってしまいますので、

目に違和感を感じたら、早めに病院へ行く事をお勧めします。


スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ