尿の検査

糖尿病という文字にも「尿」という文字が入ってますが、

糖尿病かどうかの検査は、昔は尿の検査を行い、

尿糖が出るか出ないかだけで判定していました。


ただし現在は、

尿の検査による尿糖の有無で糖尿病を判定するのではなく、

血液検査による空腹時血糖値とヘモグロビンA1cの数値によって、

糖尿病かどうかの判定をするようになっています。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


尿の検査は、病院と自宅の両方でやりましょうと説明する女性医師

糖尿病は早期発見が大切なので、

最低でも年に一度の尿の検査と血液検査を実施するようにして、

日頃から、

簡単な尿の検査(チェック)を自宅でも行うようにしていきましょう。


チェックマーク病院の尿の検査で糖尿病の判断となるもの

  • 蛋白(タンパク)
  • 尿糖

蛋白(タンパク)

重度の糖尿病になると、

腎臓で老廃物を処理出来なくなる糖尿病性腎症になりますが、

軽度の糖尿病性腎症の場合でも、

蛋白(タンパク)尿が出るので、尿の検査で判明するようになります。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


尿糖

尿糖が出るようになると、

かなり糖尿病が進行してると判断出来ますので、

糖尿病の治療を一日も早く開始する必要があります。


チェックマーク自宅で出来る尿の検査(糖尿病チェック)

  • 尿の色
  • 尿の量
  • 尿の回数
  • 尿のにおい

自宅での尿の検査(糖尿病チェック)をする時は、

尿の色、量、回数、におい、泡立ちなどを見る様にします。


尿の色が濃いほど、脱水状態の可能性があり、

尿の量が少ない場合は、

肝機能障害や腎不全が考えられます。


また、尿の回数が増えたり、

においや泡立ちが見られるようになった場合は、

糖尿病の症状の可能性があります。


このような尿の症状が出たら、早めに医療機関に行き、

尿の検査の他、血液検査も行う様にして、

糖尿病の検査をするのが良いと思います。


スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ