糖尿病 症状 尿

糖尿病は症状が出ないサイレントキラーと呼ばれていますが、

糖尿病の症状が、尿に出る方は比較的多いです。

糖尿病の症状は尿に出ると説明する女性医師

私は糖尿病発覚前後(ヘモグロビンA1c9.6%)、

糖尿病の症状を感じたのは、

尿と足、この2か所が多かったのですが、

糖尿病の症状として、尿がどのようになるかお話しします。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  • 尿の臭い
  • 尿の泡
  • 尿の色

尿の臭い

私が重度の糖尿病(ヘモグロビンA1c9.6%)の時に、

確実に症状として出ていたのが尿の臭いです。

・甘酢っぱい臭い

・強いアンモニア臭

この2つが実際に私の尿の臭いで感じられました。


このような尿の症状が出たら、

糖尿病の疑いがありますので、すぐ病院へ行きましょう。


尿の臭いの詳細記事


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


尿の泡

尿の泡も顕著に出た私の糖尿病の症状です。

かなり尿が泡立ちます。


細かなビールの泡立ちの尿は、糖尿病と腎臓病の両方の可能性があり、

きめが粗い泡立ちの尿は、肝臓病の可能性があります。


詳しくはこちらの記事に書きましたが、

尿が泡だったら、糖尿病の症状かもしれないと疑うべきでしょう。

早めの検査をお勧めします。


尿の色

一般的な見解は、

糖尿病になると尿の色が薄くなるというものですが、

私は濃い黄色い尿が多かったような気がしています。


尿の色に関しては、私の例もありますので、

判断材料にならないような気がしてますが、

こちらの尿の色の詳細記事でご確認下さい。


糖尿病の症状の尿 まとめ

尿の臭いと尿の泡立ち、

この2つは私も糖尿病の症状として出た症状ですので、

糖尿病を疑う判断材料となります。


親族に糖尿病がいるとか、

最近太ったとか、他にも糖尿病らしき症状が見受けられるとか・・・

そういった方は、尿の検査を受けて、

安心のためにも糖尿病チェックをして頂くのが良いでしょう。


スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ