糖尿病 症状 汗

糖尿病の症状の中に、

喉が渇き、水をよく飲む、という症状がありますが、

その影響から、汗がよく出る様になる方も多いです。

糖尿病の症状は、水をよく飲み、汗をかくと説明する女性医師

  • 水をよく飲む
  • 汗をかく
  • 湿疹

スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


水をよく飲む

糖尿病とは、血糖値が高い状態が継続する病気ですが、

血糖値が高い状態が続くと、何とか下げよう生理現象が起こり始めます。


糖尿病の症状に「水をよく飲む」というのがありますが、

水をよく飲むという症状は、高い血糖値を下げようとする生理現象になります。


汗をかく

そして、たくさんの水を飲むと、体内は過剰な水分で一杯になってきますので、

今度は、その過剰な水分を、尿または汗として外へ排出しようとし始めます。


頻尿や汗は、

男性の場合は大きな問題にはならないですが、

女性は、デリケートゾーンのかゆみ・炎症に繋がる可能性があります。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


湿疹

「汗をかく」という糖尿病の症状が継続すると

今度は皮膚が炎症や湿疹を起こすようになります。


特に肥満体型の方の首回りで湿疹が起こりやすく、

赤い斑点が出ているのを見たことがある方も多い事でしょう。


夏でもないのに、汗をかき、湿疹を起こしてる方は、

糖尿病の症状でないかと疑う必要があります。


糖尿病の症状 汗 まとめ

この様に、

高血糖から喉が渇き、たくさんの水を飲むようになり、

大量の汗をかき始めます。

そしてその汗が、皮膚の炎症や湿疹という皮膚病も引き起こしていくのです。


喉が渇く、水をよく飲む、汗をかく・・・

こういった症状が出たら、

医療機関で糖尿病のチェックをする事をお勧めします。


スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ