糖尿病 症状 足のかゆみ

糖尿病性神経障害の初期症状となるのが、

足のかゆみです。

糖尿病性神経障害の症状の一つに足のかゆみと説明する女性医師

糖尿病の症状「足のかゆみ」を放っておくと、

足のかさつき、こむら返り、ひび割れ、しびれ痛み

ケガが治らない、化膿、壊疽・・・



糖尿病性神経障害の症状がどんどん進行していきますので、

足のかゆみの段階で、糖尿病の症状でないかと気が付いて、

早めに医療機関を訪れる事が大切です。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


糖尿病性神経障害の初期症状「足のかゆみ」

足のかゆみは、皮膚の乾燥から起きる症状で、

足をかくことで、そこからひび割れが起きて、

傷口となる事もあります。


糖尿病が進んでくると、傷が治りにくくなりますので、

傷口から細菌が入り、感染症を引き起こす方も増えてきます。


足のかゆみを防ぐには、

足をよく温め(入浴)たり、マッサージしたりするのが良いでしょう。


また入浴後には保湿クリームやオイルを塗る事で、

足の乾燥を防ぎ、足のかゆみを防止する事が出来るようになります。


足のかゆみを無くすには?

足のかゆみを防止するには、

上記の方法で軽減する事は出来ますが、

足のかゆみの根本的な解決にはなりません。


足のかゆみを無くすには、血糖値を下げるしか方法はありませんので、

高血糖にならないように、

食事では血糖値を上げる糖質の量を減らしたり、

食後の運動を行って、血糖値が上がらないようにする事が大切になります。


足のかゆみは、水虫のかゆみと間違いやすい症状ですが、

ご両親が糖尿病だったり、最近体重が増えたという方は、

糖尿病の初期症状「足のかゆみ」を疑ってみる事も大切になります。


スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ